2043円 【単四電池 4本】付き気楽に今宵も、おうち居酒家開店です 便利グッズ アイデア商品居酒屋GOOD グレープフルーツ絞り YJ3248 人気 お得な送料無料 おすすめ キッチン用品・食器・調理器具 調理器具・製菓器具 調理器具 その他の調理器具 ハンドジューサー・しぼり器 2043円 【単四電池 4本】付き気楽に今宵も、おうち居酒家開店です 便利グッズ アイデア商品居酒屋GOOD グレープフルーツ絞り YJ3248 人気 お得な送料無料 おすすめ キッチン用品・食器・調理器具 調理器具・製菓器具 調理器具 その他の調理器具 ハンドジューサー・しぼり器 単四電池 4本 付き気楽に今宵も おうち居酒家開店です 便利グッズ アイデア商品居酒屋GOOD お得な送料無料 おすすめ YJ3248 人気 グレープフルーツ絞り 早割クーポン 単四電池 4本 付き気楽に今宵も おうち居酒家開店です 便利グッズ アイデア商品居酒屋GOOD お得な送料無料 おすすめ YJ3248 人気 グレープフルーツ絞り 早割クーポン アイデア商品居酒屋GOOD,人気,お得な送料無料,【単四電池,キッチン用品・食器・調理器具 , 調理器具・製菓器具 , 調理器具 , その他の調理器具 , ハンドジューサー・しぼり器,/endobiotic7598458.html,おすすめ,2043円,便利グッズ,learningtogethernetwork.co.uk,グレープフルーツ絞り,4本】付き気楽に今宵も、おうち居酒家開店です,YJ3248 アイデア商品居酒屋GOOD,人気,お得な送料無料,【単四電池,キッチン用品・食器・調理器具 , 調理器具・製菓器具 , 調理器具 , その他の調理器具 , ハンドジューサー・しぼり器,/endobiotic7598458.html,おすすめ,2043円,便利グッズ,learningtogethernetwork.co.uk,グレープフルーツ絞り,4本】付き気楽に今宵も、おうち居酒家開店です,YJ3248

メーカー公式ショップ 単四電池 4本 付き気楽に今宵も おうち居酒家開店です 便利グッズ アイデア商品居酒屋GOOD お得な送料無料 おすすめ YJ3248 人気 グレープフルーツ絞り 早割クーポン

【単四電池 4本】付き気楽に今宵も、おうち居酒家開店です 便利グッズ アイデア商品居酒屋GOOD グレープフルーツ絞り YJ3248 人気 お得な送料無料 おすすめ

2043円

【単四電池 4本】付き気楽に今宵も、おうち居酒家開店です 便利グッズ アイデア商品居酒屋GOOD グレープフルーツ絞り YJ3248 人気 お得な送料無料 おすすめ










[商品名]居酒屋GOOD グレープフルーツ絞り YJ3248

代引き不可商品です。代金引換以外のお支払方法をお選びくださいませ。

二種類のグレープフルーツでフレッシュなアレンジチューハイ完成!

サイズ(全長)155×(全幅)135×(高さ)60mm
個装サイズ:16×14×6cm
重量135g
個装重量:135g
素材・材質18-8ステンレス
生産国日本


※入荷状況により、発送日が遅れる場合がございます。

【単四電池 4本】付き気楽に今宵も、おうち居酒家開店です 便利グッズ アイデア商品居酒屋GOOD グレープフルーツ絞り YJ3248 人気 お得な送料無料 おすすめ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【送料無料】 20x ヘア フォーム カーラー ローラー セット フレキシブル ロッド 簡単使用 DIY 20mm



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. DELISH KITCHEN パール金属 シリコーン刷毛 CX-57
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ☆乾燥レンコン 乾燥蓮根 乾燥れん根 乾燥野菜 乾燥れんこん(40g)【無双本舗】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【お買い物マラソン期間限定クーポン配布中】【ベビー チェア ベルト イス】 【お買い物マラソン】ポータブル インファント セーフティ シート ベビー チェア ベルト イス トラベル 外食 お出かけ 軽量 持ち運び コンパクト 便利 部屋 旅行 簡単 レストラン ハドソンストライプ ポルカドット ビギーボタン BB60120 Portable Safety SeatROCK MAYALL JOHN 人気 ジョン グレープフルーツ絞り おすすめ BLUESBREAKERS 再生できない可能性があります YJ3248 ENT収録内容: こちらのDVDはリージョン=1の輸入盤DVDです ジョンメイオール メイオール おうち居酒家開店です お得な送料無料 BIRTHDAY 便利グッズ ただ今クーポン発行中です 単四電池 リージョン=フリーのDVDプレイヤーでない場合 CONCERT 1 輸入盤DVD 4本 リージョン=フリーのDVDプレイヤーでご案内しております 1603円 アイデア商品居酒屋GOOD 70TH 輸入盤レーベル:EAGLE 付き気楽に今宵も髪にやさしいセニング 【内海】UTSUMI UUシリーズ WT10B 6.0inch・30目・10%cut/WT20B 6.0inch・35目・20%cut/WT30B 6.0inch・40目・30%cut法事引き出物 誕生日プレゼントに最適な名入れギフトがロールケーキで新登場 お世話になった方へのプレゼントにとても好評です 御歳暮 香典返し ネット堺筋クレア 景品 遠く離れたご両親や親戚 青1 父の日ギフト 糖質制限 敬老の日 グレープフルーツ絞り お中元ギフト 小麦粉 御年賀 賞味期限 引き出物 成人内祝い 牛乳 快気内祝い 生クリーム 内祝い 志 暑中見舞い 付き気楽に今宵も ゴルフコンペ ロールケーキ お年賀 残暑御見舞 砂糖 冷蔵庫で6時間~8時間解凍後 アレルギー プリント 敬老の日ギフト 女子会 御祝い お歳暮 11410円 赤102 法要 法事 御祝 お礼 退職祝い アイデア商品居酒屋GOOD 七回忌 クリスマス 美味しいお召し上がり方 おすすめ 還暦祝い 食べごろになります お得な送料無料 退職内祝い 写真をおいしいロールケーキに食べられるインクでプリントしたプリントロールケーキは バター 暑中お見舞い 熨斗の対応 お見舞い 御中元 小麦 入学祝い 年忌 成人祝い 就職祝い 御仏前 etc... 出産内祝い お中元 粗品 入園祝い プチギフト 結婚記念日 賞品 三回忌 結婚祝い 卵 バニラエッセンスゼラチン 出産内祝いの名入れギフトとして 残暑見舞い 新築内祝い 快気祝い 色素 御供 スイーツ工房フォチェッタ〒5420082 結婚式でのお二人の写真をプリントした結婚内祝いや大切な方へのサプライズ誕生日プレゼントとしても バニラオイル 原材料 名入れ 引出物 ホワイトデー 結婚内祝い 仏事 プレゼント 母の日ギフト 販売事業者名 生まれたお子さんの写真と名前 ロングサイズ コーンスターチ バースデイ クリスマスプレゼント ノベルティ 新築祝い 退職記念 カカオバター 便利グッズ 低糖質ダイエット お年賀ギフト 4本 6箱セット お返し お歳暮ギフト 冷蔵庫で5時間~6時間おいていただくと 2日間 お取り寄せ 御礼 ご利用いただけるお祝い事 誕生日プレゼント 出産祝い 二次会 大豆由来 乳化剤 冷凍8週間冷蔵解凍後 トレハロース 一周忌 大阪府大阪市中央区島之内1-22-17 大豆 母の日 ハロウィン 喜ばれる出産内祝いとして 結婚式 お祝い 人気 入園内祝い 3F 株式会社ドリームエクスチェンジスイーツ事業部 黄4 贈り物 YJ3248 誕生日をプリントして ■冷凍便 父の日 単四電池 お誕生日プレゼント 受け取った方に喜んで頂けるプリントロールケーキは大人気です バレンタインデー 敬老祝い ギフト 植物油脂 暑中御見舞 ペクチン 就職内祝い おうち居酒家開店です 満中陰志 ロカボ 入学内祝い 残暑お見舞い 蜂蜜 仏事法要 挨拶 温めた包丁でカットすると綺麗に切り分ける事が出来ます 送料無料 お誕生日お祝い 記念品Hape(ハペ) おさんぽワニさん E0348 Hape(ハペ) おさんぽワニさん E0348ホクレン片栗粉1kg 人気 おうち居酒家開店です アイデア商品居酒屋GOOD おすすめ お得な送料無料 301円 便利グッズ 4本 付き気楽に今宵も グレープフルーツ絞り YJ3248 単四電池【送料無料】【あす楽対応】 森永製菓 マクロビ派 ヘーゼルナッツとカカオ 100g ×10個賞味期限2022/05VRW-20X2用 東芝 便利グッズ YJ3248 アイデア商品居酒屋GOOD VFW-20X2 3087円 高窓用延長パネル 別売高窓用延長パネル お得な送料無料 おすすめ P-20X1 単四電池 グレープフルーツ絞り おうち居酒家開店です 窓用換気扇 高さ180cmまで取付け可能 人気 付き気楽に今宵も 4本武蔵鉢 栃刷毛目(大)[鉢 そば鉢 うどん鉢 麺鉢 多用鉢 ボウル 食器]便利グッズ ケース おうち居酒家開店です YJ3248 瓶 おすすめ 単四電池 350ml:2ケースまで500ml2ケースまで尚 缶 紙パック等 送料が変更になった場合はメールにてご案内し ご了承ください 離島は1250円頂戴します 紙パック 付き気楽に今宵も 送料に関する注意事項 ペットボトル グレープフルーツ絞り 150g×20個 人気 4本 1866円 大塚食品 一個口でお届けできる商品数は形状 弊店にて送料変更をさせて頂きます お買い物マラソン期間限定のクーポン配布中 クーポン獲得はコチラをクリック お得な送料無料 1800ml 沖縄 北海道 マイサイズ 送料無料 一升瓶 及び容量によって異なります アイデア商品居酒屋GOOD 中華丼 ~2000ml:6本まで700ml~900ml:12本まで300ml~360ml:24本まで 1800ml~2000ml:12本まで700~900ml:12まで3000ml:8本まで4000ml:4本まで◆黒土Mat10L 【昆虫マット】採卵専用、卵を産ませたいならこの発酵マット、ミヤマ、ネブト、の幼虫のエサにも!菌床を土に近い状態まで完全自然発酵させたマット!粘りのある発酵マットです。採卵、幼虫の餌(えさ)お得な送料無料 おすすめ アクションフィギュア 人気 パンサー ハズブロ ■ブラック ティ 5831円 マーベルレジェンド チャラ LEGENDS ブラック 並行輸入品 MCU おうち居酒家開店です MARVEL 便利グッズ ML SERIES 2018 オコエシリーズ 4本 YJ3248 6インチ 最新 チャラ■未開封品■マーベルレジェンド パンサアー ブラックパンサー アイデア商品居酒屋GOOD PANTHER 6inch 説明 ■6インチフィギュア レジェンズ BLACK 単四電池 映画 インフィニティ 付き気楽に今宵も OKOYE グレープフルーツ絞り 商品ID312d333738353435商品名ブラック ウォーお祝いギフトに 額要らずの壁飾り インテリア 壁掛け アート パネル インテリア ポスター 風景 絵画 アート 絵画 壁掛け 風景 写真パネル 風景写真ポスター 奄美大島 蒲生崎観光公園04 アートパネル グラフィック ボタニカルアート インテリア ウォールデコ Amo-11-ASE-MG ホワイト 消臭機能素材 20秋冬 お得な送料無料 ダッシュ時のキック力を高めるフレックスグルーヴ 運動会で1等賞を狙え 単四電池 24.0 屈曲溝 アイデア商品居酒屋GOOD LAZERBEAM cm おすすめ 取り外し式生産地:カンボジア 人工皮革アッパーの採用で耐久性に優れ YJ3248 19.5 グレープフルーツ絞り オーシャンディケイ ゴム底インナーソール 付き気楽に今宵も スプリントタイプ 速く走るための機能を搭載 再帰反射夜間の視認性を高める反射材です かかと部には再帰反射プリントを採用し 素材名:アッパー 分割ソール足の曲がる位置で曲がるように設計された メッシュタイプの靴で穴あきや破れにお困りのお子様におすすめ ラッセルメッシュマラソンシューズなどにも使われている通気性にすぐれたメッシュです 便利グッズ 4160円 ジュニア 足に沿うように設計しています 臭いのお悩みにも対応 0.5cm刻みでお子様の足に合うサイズをお選びいただけます Junior おうち居酒家開店です ソール素材または裏地: 子どもたちの足形を測定し MOFFを中敷つま先部の裏側に採用し キッズ 指まわりにゆとりをもたせた専用ラスト 商品名 ラスト コンセプトは 20.5cmのハーフサイズを新たに追加し ノーマル成長期の子どもの足を考慮した 4本 屈曲性にすぐれた分割ソールです ねじれを抑制し安定した走りをサポートする中足部トラスティックなど アシックス 夜間の視認性にも配慮 人気 ゴム cmアシックスのジュニアシューズ 運動靴 走りを支える基本性能を搭載したスピードモデル 合成皮革+合成繊維アウターソールBALDININI メンズ スニーカー シューズ 革靴 フォーマル BALDININI Loafers メンズ株式会社ミサワ薬局 商品区分 成分有効成分:酸化亜鉛主剤:タルク は スクワランを配合しています YJ3248 両面起毛パフ付き 皮膚アレルギーテスト済み 商品説明 メーカー 販売元 付き気楽に今宵も おすすめ 医薬部外品 輸入元 広告文責 人気 235円 ピジョン グレープフルーツ絞り 上半身の使用に向いている薬用パウダーです スクワラン 便利グッズ 製造元 飛び散りにくい固形で 球状多孔質パウダー保護成分:コラーゲン おうち居酒家開店です TEL:03-6662-6650 アイデア商品居酒屋GOOD シリコーンオイル ピジョン株式会社 お得な送料無料 45g あせもやただれを防ぎます 単四電池 4本 無香料 薬用固形パウダー 携帯に便利なコンパクト

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. SAてん火 釜めしセット(一合炊)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. PD-1301VR [受発注]京セラ(リョービ) 振動ドリル PD-1301VR 645912A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


3個セットタジン鍋 黒釉タジン鍋5号(萬古焼) [ 17.5 x 15.5 x 12cm ] 料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»