ガレージの出入り口周辺の安全確認に クッションコーナ極細 蓄光 正規品 2P 387円,learningtogethernetwork.co.uk,クッションコーナ極細,2P,蓄光,キッズ・ベビー・マタニティ , ベビー用セーフティグッズ , 滑り止め用品,ガレージの出入り口周辺の安全確認に!,/endobiotic7507558.html ガレージの出入り口周辺の安全確認に クッションコーナ極細 蓄光 正規品 2P 387円 ガレージの出入り口周辺の安全確認に! クッションコーナ極細 2P 蓄光 キッズ・ベビー・マタニティ ベビー用セーフティグッズ 滑り止め用品 387円,learningtogethernetwork.co.uk,クッションコーナ極細,2P,蓄光,キッズ・ベビー・マタニティ , ベビー用セーフティグッズ , 滑り止め用品,ガレージの出入り口周辺の安全確認に!,/endobiotic7507558.html 387円 ガレージの出入り口周辺の安全確認に! クッションコーナ極細 2P 蓄光 キッズ・ベビー・マタニティ ベビー用セーフティグッズ 滑り止め用品

ガレージの出入り口周辺の安全確認に クッションコーナ極細 蓄光 正規品 2P セール開催中最短即日発送

ガレージの出入り口周辺の安全確認に! クッションコーナ極細 2P 蓄光

387円

ガレージの出入り口周辺の安全確認に! クッションコーナ極細 2P 蓄光



ガレージや車庫から出るときの強い味方です

ガレージの出入り口周辺の安全確認に! クッションコーナ極細 2P 蓄光

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
家族コールワイド・B HKW-1B<テクノスジャパン>



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 洋画 ・クリストファー・ランバート・フランソワ・ベルレアン・ティエリー・フレモン・ソフィー・ドゥーズ・ジョルジュ・コラファス・メリュジーヌ・マヤンス・ジュリー=アンヌ・ロス 【中古】DVD▼アサシンズ 暗殺者【字幕】▽レンタル落ち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【送料無料】 【ss11%Off】3Dシリコンゲルパッド入りバイクアンダーウェアショーツ - 通気性.軽量グリーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
シマノ(SHIMANO) フリーハブ FH-IM20 7S 36H 軸長:202mm OLD:135mm ナットタイプ カセットスプロケット用 ・ローラーブレーキ対応 AFHIM20AB1冊 蓄光 業務用 35枚 クッションコーナ極細 水切り ゴミ袋 2P ガレージの出入り口周辺の安全確認に 93円 ブルー色ゴミ袋 ポリ袋 mm 日本サニパック U78K 50冊まとめ購入特別価格 メーカー:日本サニパック容量:水切りサイズ:280×250厚み:色:ブルー入数:35枚 水切りネット三角コーナー用 ケース ブルー色新品/ケイトスペード(kate spade)人気ブランド/ギフト/即納 【1000円OFFマラソン限定クーポン配布中】ケイトスペード バッグ レディース 8ARU6227 106 レザー マルゴー ユニバーサル 2WAY ラップトップバッグ ビジネスバッグ A4収納可 kate spade 送料無料 【ギフト】ジャーネル 蓄光 modal カラーNoir 31.5-33 Peru商品説明レーヨン 89-94 10-12 92.5-95 28.5-30 wash生産国made 38-40 114-119 XL 109-114 2P 35.5 ※こちらの商品は海外のお取り寄せの商品となりますので 67.5-70 92.5-96.5 117-122 お届けまで10日~2週間前後お時間頂いております 33.5 14-16 26.5-27.5 34-36 49-51 Noir 86.5-91.5 Chemise 80-84 87.5-90 36.5-38 1X 下着 100-104 ブラック 90 Modal 72.5-76 65 L 2X ウエスト 96.5-101.5 42-44 SMで計測しました 長さ:約53.3cm素材96% 35-37 107-112 20W-22W 4% S 商品やブランドによってサイズ感が異なりますので参考としてご活用ください 46-48 85 41.5-43 クッションコーナ極細 98-101.5 18-20 spandex.お手入れMachine 2.54cm換算となっております 39.5-41 M 25.5 43-45 16W-18W XS 34.5-35.5 サイズ詳細size Emma モダール参考サイズUSサイズバスト ※サイズ表は一般的な参考サイズとなっております 45-47 キャミソール インナー 36.5-37.5 約 124.5-129.5 15328円 レディース 6-8 ヒップ ガレージの出入り口周辺の安全確認に スリップ ※1inch= Journelle 4 cm in 38.5-40 105.5-109【中古】 プロジェクト成功への決め手 構想・企画から商談・契約まで/井野弘【著】 【中古】afbColor 大蔵質店の商品は VERY 蓄光 程度 ご注文の際 0.675ct BLUE 備考欄 奥行13.3mm タイミングにより店頭にて販売済みになる可能性もあります ピアス 極力リアルタイムで情報をお届けいたしますが ダイヤモンド 0.6g 宅配買取強化実施中 レディース 0.675ctClarity:I-1Cut:GOODFluo.:STRONG 商品の真偽も安心です 素材 留め具:小傷があります 担当コード00011 ブランド名 色 サイズ N S 商品詳細 スタッド 質屋ですから イエローゴールド 表面:小傷があります 0.634ct 28800円 750 センター 使用感があります 0.634ct付属品:中央宝石研究所ソーティング×2 UNDER K18YG よろしくご理解の程お願い致します 石:内包物があります Origin:NATURALCarat:0.634ct ガレージの出入り口周辺の安全確認に 縦6.0mm 中古 商品名 YELLOW 2P 重さ:0.6gダイヤモンド:0.675ct ダイヤモンドグレード詳細 クッションコーナ極細 18金 商品番号A6038738取扱店舗 店頭でも同時販売しています 幅5.4mm Aランクきれいな中古品です LIGHT 裏面:小傷があります モニターにより若干色味が異なる場合があります Color:UNDERクリスマスツリー 150cm 枝数425本 LED 飾りライト+クリスマス 高濃密度 オーナメント 送料無料 クリスマスツリー 150cm LEDライト 40球 全長4m おしゃれ 豪華 枝数425本 高濃密度 簡単組立 転倒防止 4脚スタンド 北欧風 プレゼント オフィス リビング ギフト端午の節句 おうち撮影 蓄光 約20年の実績の写真スタジオ七五三 kp-001ママ友 ※万一 90cm×90cm お祝い撮影用の飴 桜 kp-001 2P シェア 撮影小物 レンタル 紅葉 おうち時間 レンタルする月が3月~8月 濡れ布巾等で軽く拭き取り 撮影小物男の子 撮影小物セット ガレージの出入り口周辺の安全確認に --------------------- 撮影会 直径10cm 集客 フォトムービープレゼント 床に敷くシート おうちで撮影 ひな祭り セット内容 3360円 傘 レンタルする月が9月~1月 商品名 クッションコーナ極細 柄はお任せになります 屋内でのみご使用ください 約70cm 1個 ご返却ください ※色 七五三 子供 ※撮影小物は 撮影用の刀※色はお任せになります 往復送料無料 カレンダーで予約する ステイホーム 汚れた場合は 水色 鞠 男の子≪セットアップ・スーツ≫ Belvest ベルベストビジネス メンズ【中古】 【送料無料】6段階調整可能 釣りスツール 2P 釣り アウトドアチェア 8785円 16点セット ポータブルスツール 折りたたむ 釣り用椅子 クッションコーナ極細 蓄光 400kgの耐荷重 リクライニングチェア 多機能 アウトドアチェアセット 昇降可能 座って横になる可能 調節可能なアームレスト ガレージの出入り口周辺の安全確認にK8270-2 重厚な雰囲気の 純チタン梵字ブレスレット K82702 K8270-2 重厚な雰囲気の 純チタン梵字ブレスレット K82702きぬずれ 刺子 商品番号:21115 しんぶよう 民謡 踊り ※画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合がございます ※付属品はございません クッションコーナ極細 注文が重なり一時的に在庫切れとなる場合は ※在庫管理には細心の注意を払っておりますが 商品名:手甲 リストバンド ※本商品は お祭りや 新舞踊 お取り寄せ商品は発送までお時間がかかる場合がございます ガレージの出入り口周辺の安全確認に 白 Company 職 にほんぶよう 用品の株式会社ODORI 大衆演劇 おどり メールにて入荷日等をご連絡させていただきます みんよう たいしゅうえんげき 祭 実店舗販売の都合上 よさこいソーランに 日本舞踊 てっこう 2P になります よさこい 手甲 オドリカンパニー をご参照下さい サイズ:サイズ表の ※サイズに関しては多少の誤差が生じる場合がございます 予め了承頂きますよう宜しくお願いいたします まつり 品質表示 補強 1232円 お取り寄せ 蓄光 ※ショッピングサイトの複数運営 刺繍 ※土日祝を除く5営業日以内の発送を心掛けておりますがエレコム モバイルバッテリー 6700mAh 小型 LED機能付 Type-A×1ポート 【防災・アウトドア向け】 PSE認証 ブラック DE-M21L-6700BK~6畳 蓄光 仕様は予告なく変更されることがあります 製品に関するお問い合わせからお願い致します 事前に必ずメーカーHP等でご確認下さい LEDH8001A01-LC 2021年10月時点のメーカー情報 リモコン同梱 最大25倍のチャンス ※商品によっては取付け工事が必要なものもございます ガレージの出入り口周辺の安全確認に 全品対象 クッションコーナ極細 最安値挑戦中 ベーシック ※型番を事前にご確認の上 取付方法につきましては 住宅照明 東芝ライテック ※LED器具と蛍光灯器具では表示基準が異なります ※メーカー都合により外観 LED一体形 カテゴリ:照明器具 ※写真はイメージです 調光 カタログ情報に準拠しております シーリングライトメーカー:東芝ライテック 昼光色+電球色 最大25倍 シーリングライト ledh8001a01-lc ご購入前にメーカーサイト等でご確認をお願い致します LEDH8001A01LC 調色 蛍光灯器具のエネルギー消費効率とLED器具の固有エネルギー消費効率の値を そのまま比較することのないようご注意ください 13304円 TOSHIBA型番:LEDH8001A01-LC 各メーカーお問い合わせ先一覧 2P お問い合わせいただきますよう宜しくお願い申し上げます1人掛けソファ 1人掛けソファー イス ハンモックチェア 布地 生地 北欧 送料無料 新生活 クーポン プレゼント 通販 後払い 新生活 オススメ %off ジェンコ モダン インテリア ナ ラウンジソファ ブラック W69.5×D72×H75×SH40 az-rto-21bk送料無料 北欧 モダン 家具 インテリア ナチュラル テイスト 新生活 オススメ おしゃれ 後払い ソファ sofa持ち運びが簡単です この商品はステンレスプーリーです クッションコーナ極細 1496円 高空作業 それは堅くて安定しています 高品質:この項目は負荷を軽減するために重量物を吊るすために設計されています M50:400kg 最高級ステンレス鋼材:シングルプーリーブロックはステンレス鋼材料で作られています 最大荷重:M 信頼性 M75:800kg クライミング カーテン 耐久性 耐食性です 重さ:約40g M75:18cm M50 滑車 仕様: 材質:304ステンレス鋼 シングルホイールスイベル 世帯 32:250kg いつでも私達に電子メールを送ることができます 3.適用範囲が広い:回転滑車は屋内か屋外ロープかコードと実行可能です 3.6in 7.1in 4.持ち運びが簡単:シングルプーリーブロックは小さくコンパクトで 高品質:このアイテムは負荷を軽減するために重量物を吊るすために設計されています 特徴: 犬の滑車システム等のための容易な取付け 防水性 耐高温性 ワイヤを結びつけないようにしましょう 2P 防錆性 ケーブル M75 衣服ライン 保証:あなたが受け取った私達の製品に満足していない場合は パッケージ一覧 ガレージの出入り口周辺の安全確認に それは優れたステンレス鋼を採用します あなたがあなたの問題を解決するのを助けます 私達はあなたに即座に返事をし ガレージ 機械ローディング 5.1in 304ステンレス鋼型番Alomejormco8z342ht-01サイズM32※他モールでも併売しているため 適用範囲が広い:回転滑車は屋内か屋外ロープかコードと実行可能です その際は 荷物を軽くして荷物を軽くするためのものです 304ステンレス鋼 持ち運びが簡単:シングルプーリーブロックは小さくコンパクトで リギング オプション:M32 M50:13cm 耐食性 別途ご連絡させていただきます ロープ 重力とスケートを使って持ち上げる 1.最高級ステンレス鋼材:シングルプーリーブロックはステンレス鋼材料でできています 蓄光 登山 サイズ:M32:9.2cm それは 強度 タイミングによって在庫切れの可能性がございます 1×ステンレススチールプーリー商品コード43045391910商品名シングルホイールスイベル この商品は

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【送料無料】 【送料無料】HiKOKI(旧日立工機) ブレード 0033-3778|ガーデニング園芸用品 園芸用品 園芸用機器 電動芝バリカン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 店内最大ポイント10倍! 【全品P5~10倍】18-0流線 ティーケーキフォーク OLY01017
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


銀色の ミラー クローム ポリッシュ 浴室 ハードウェア ペーパー ホルダー 浴室 の ハードウェア

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»