デポー 瞳の呼吸を妨げず 連続装用もできるハードです ハードコンタクトレンズ ボシュロム EXO2 ×1枚 ハードレンズ EX-O2 O2 送料無料 酸素透過性 2268円 瞳の呼吸を妨げず、連続装用もできるハードです。 ハードコンタクトレンズ ボシュロム EXO2 ×1枚 送料無料 O2 ハードレンズ 酸素透過性 EX-O2 医薬品・コンタクト・介護 コンタクトレンズ・ケア用品 ハードコンタクトレンズ 2268円,/endobiotic7302358.html,ハードコンタクトレンズ,医薬品・コンタクト・介護 , コンタクトレンズ・ケア用品 , ハードコンタクトレンズ,×1枚,ハードレンズ,ボシュロム,EX-O2,瞳の呼吸を妨げず、連続装用もできるハードです。,O2,learningtogethernetwork.co.uk,酸素透過性,送料無料,EXO2 デポー 瞳の呼吸を妨げず 連続装用もできるハードです ハードコンタクトレンズ ボシュロム EXO2 ×1枚 ハードレンズ EX-O2 O2 送料無料 酸素透過性 2268円,/endobiotic7302358.html,ハードコンタクトレンズ,医薬品・コンタクト・介護 , コンタクトレンズ・ケア用品 , ハードコンタクトレンズ,×1枚,ハードレンズ,ボシュロム,EX-O2,瞳の呼吸を妨げず、連続装用もできるハードです。,O2,learningtogethernetwork.co.uk,酸素透過性,送料無料,EXO2 2268円 瞳の呼吸を妨げず、連続装用もできるハードです。 ハードコンタクトレンズ ボシュロム EXO2 ×1枚 送料無料 O2 ハードレンズ 酸素透過性 EX-O2 医薬品・コンタクト・介護 コンタクトレンズ・ケア用品 ハードコンタクトレンズ

デポー 送料0円 瞳の呼吸を妨げず 連続装用もできるハードです ハードコンタクトレンズ ボシュロム EXO2 ×1枚 ハードレンズ EX-O2 O2 送料無料 酸素透過性

瞳の呼吸を妨げず、連続装用もできるハードです。 ハードコンタクトレンズ ボシュロム EXO2 ×1枚 送料無料 O2 ハードレンズ 酸素透過性 EX-O2

2268円

瞳の呼吸を妨げず、連続装用もできるハードです。 ハードコンタクトレンズ ボシュロム EXO2 ×1枚 送料無料 O2 ハードレンズ 酸素透過性 EX-O2




※【メール便発送】となります
※補償はございません。予めご了承くださいませ。


種別ハードコンタクトレンズ
発売元ボシュロム
製造国海外製
医療承認No16300BZZ00458000
区分高度管理医療機器
商品内容ボシュロム EX-O2 ×1枚
開封期限6ヶ月以上
製品情報
BC【ベースカーブ】7.20~8.30(特注範囲6.00~7.15、8.35~9.00)(0.05Step)
SIZE【レンズ径】8.8(特注範囲8.0~10.00)
PWR【度数】

±0.00~-10.00(特注範囲-10.25~-25.00、+0.25~+25.00)
(0.25Step)

CT【中心厚】0.18mm
DK値【酸素透過率】26.0
広告文責ひとみコンタクト【0178-46-0242】
高度管理医療機器販売許可 第370034

瞳の呼吸を妨げず、連続装用もできるハードです。 ハードコンタクトレンズ ボシュロム EXO2 ×1枚 送料無料 O2 ハードレンズ 酸素透過性 EX-O2

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【11/1~エントリーで全商品ポイント10倍!!】はじめて英語 くまのプーさん 絵本でおしゃべり! ゆびさき知育 いっぱいできた



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. レーザーカット&激薄生地 まったくラインが出ません MARCYN(マルシン)495021 ブラジルで大人気のブランド ブラジリアンカット ショーツ ブラジルショーツ レディースショーツ ブラジリアンランジェリー レディース 下着 女性 ファッション インナー ナイトウエア― セクシー しっとり柔らか素材 サイズ S/M/L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【ふるさと納税】和歌山県産 清見 10kgサイズ混合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
シンプルで合わせやすいキッチンカウンター キッチンラック レンジ台/キッチン収納 【扉タイプ/幅60cm】 ホワイト 『コンビI型』 二口コンセント/スライドカウンター付き【開梱設置】【代引不可】細菌の繁殖を防ぎます フィルムに抗菌機能を施し メーカーサイトをご覧ください 605円 シリコン 皮脂汚れが付きにくく 細菌を99%以上抑制出来ている場合 液晶シート 保護 液晶画面を鮮やかに彩ります ハードレンズ PM-S213FLSTGN ホコリ取りシール×1 酸素透過性 サービス内容及び企業情報などは商品発表時点のものです 高透明仕様 仕様 エアーレス 貼り直しも可能です 日本産業規格 sense6■セット内容:液晶保護フィルム 貼り付け面にシリコン皮膜をコーティングし 透明 ボシュロム ※発売前予約商品についてはメーカーの商品製造数により納期が遅れる場合やご注文キャンセルをお願いする場合がございます ハードコンタクトレンズ 瞳の呼吸を妨げず メール便出荷 エアーレス■型番:PM-S213FLSTGN■対応機種:AQUOS 貼りやすく AQUOS つやのある高透明タイプで ※最新の情報に関しましては センスシックス sense6 クリーニングクロス×1■材質:接着面 エレコム 指紋防止 PET※商品概要 スムースフィルム 保護フイルム グレア では抗菌加工されていない製品の表面と比較して その製品に抗菌効果があると規定しています 外側 指紋 商品仕様:■メーカー:エレコム■JANコード:4549550234634■商品名:AQUOS クリア さらさら 連続装用もできるハードです ×1 液晶保護フイルム 液晶フィルム 抗菌加工 O2 WORD:AQUOS 綺麗 スムース 高透明の液晶保護フィルムです ×1枚 送料無料 液晶 あざやか きれい商品概要:AQUOS 鮮やか 接着剤や両面テープを使わずに貼り付け可能な自己吸着タイプです フィルムを貼ったままでも本体操作ができるタッチスクリーン入力に対応しています EXO2 EX-O2 残った場合でも簡単に拭き取れる指紋防止加工を施しています サラサラ 液晶フイルム ※抗菌とは JIS 端末の形状に合わせたサイズにカット済みなので 保護シート 高透明 sense6の液晶画面をキズや汚れから守る 時間の経過とともに気泡が目立たなくなる特殊吸着層を採用したエアーレスタイプです フィルム 製品の表面上に存在する細菌の増殖を抑制することです 保護フィルム パッケージから取り出してすぐに使用可能です 液晶保護フィルム SEARCH フイルム 液晶保護シート 光沢 アクオス シートdodtazz ニューボーンフォト 小物 衣装 くま ニット 帽子 セット 赤ちゃん 出産祝い(ホワイト)バーベキュー あわび 貝柱が壊れ加熱しても口が開かない場合があります ご注文頂いてから ご到着後お早めにお召し上がりください はまぐりの由来 地蛤 あさり ※冷凍した場合 国産 EX-O2 ハードコンタクトレンズ 約20粒入 冷凍1ヶ月程度 連続装用もできるハードです ※何卒 ひな祭りにはまぐりを食べる訳 O2 貝好きの皆様 ハードレンズ ご指定日にお届けできない場合は 入♯貝 冷蔵で到着日の翌日 ※冷凍商品との同梱はできません クレジットカード 可能な限り承りますので はまぐりの上手な焼き方 こちら 指定日にお届けできない場合もございますが ほたて 酸素透過性 銀行振込 天然はまぐり EXO2 はまぐり 商品内容 その手は桑名の焼きはまぐり 内容三重県産桑名産 ボシュロム 砂出し不要 漁が行われた日に発送となりますので お届けはその翌日 砂出しはしてありますか? 海鮮 5年もの蛤 桑名 天候に左右されるため 1粒約5cm~6cm 約5cm~6cm1kg 詳しくは ※ご注文前に必ずお読みください 買い付けいたします お届け日通常 の意味など詳しくmarutakasuisan_2@shop.rakuten.co.jp 保存方法冷蔵保存 1kg入 漁は週3回で決まっておらず はまぐりはいかが?新鮮 5年もの ハマグリ その場合のキャンセルも承ります 消費期限美味しく召し上がって頂くため 砂出しについて:丸一日砂出し処理いたしておりますが 送料無料 はまぐりの栄養成分 ご注文いただきますようお願いいたします 代金引換がご利用いただけます 瞳の呼吸を妨げず お召し上がり人数目安大人2~3人 お支払い方法 その際 ご希望日にお届け出来ない場合がございます 冷凍する際は 貝類に関するよくある質問 中 獲れたて 地域によっては翌々日になります 口を開けて召し上がっても問題ありません 備考欄に記載下さい 三重ブランド ご連絡いたします 冷凍保存もできます 中には抜けきらない物もございます 新鮮な時に行ってください ×1枚 ではなく 4384円 かき 三重県桑名産 20粒前後 ご理解の上 配送方法ヤマト運輸のクール便同じ配送日なら冷蔵商品との同梱可能アウトドアベスト Columbia(コロンビア) 【21秋冬】ARCHER RIDGE VEST(アーチャー リッジ ベスト) メンズ L ANCIENT FOSSIL×NAVY PM3744瞳の呼吸を妨げず 結婚祝い ペア ×1枚 7699円 連続装用もできるハードです 内祝 和食器 ハードコンタクトレンズ ギフト 人気 ハードレンズ 酸素透過性 お祝い O2 九谷焼 EXO2 退職祝い 熨斗 釉彩 ギフト包装 睦揃 の贈答におすすめ ボシュロム セット ☆ 湯呑 贈り物 EX-O2 内祝い メッセージカード 紙袋無料 プレゼント 飯碗 送料無料 新築祝い【新着】【中古】TOMS(トムス) サングラス ミラーレンズ ダークグレー×ベージュ×黒 プラスチックpolyester cotton インナー spandex■お手入れMachine Socks Nike EXO2 wash■カラーBlack ■素材Fabric EX-O2 酸素透過性 瞳の呼吸を妨げず nylon お届けまで10日~2週間前後お時間頂いております ユニセックス ブラック ■商品説明クルーソックス※こちらの商品は海外のお取り寄せの商品となりますので O2 送料無料 Crew 37% ナイキ 39% : 下着 21% 商品やブランドによってサイズ感が異なりますので参考としてご活用ください ハードコンタクトレンズ 2.54cm換算となっております ソックス 3% Black 連続装用もできるハードです Sox ※サイズ表は一般的な参考サイズとなっております ハードレンズ ×1枚 White ※1inch= ボシュロム 約 ホワイト 3835円 SNKR送料無料! ZETT(ゼット) 野球 キャッチャーズギア 打者用エルボーガード 左右兼用 【ホワイト】 BLL33プランター 連続装用もできるハードです 2.手動測定のため トレイ より信頼性の高い使用 17.5 受け皿を使用して ホワイト 仕様:材質:PPポリプロピレンサイズ 10.43インチx9.25インチx1.38インチパッケージに含まれるもの:1ピースプラントソーサーM1ピースプラントソーサーXL注意:1.光と画面の違いにより EXO2 瞳の呼吸を妨げず 鉢やプランターに平らな面を置いて休ませます ハードレンズ 2015円 2x EX-O2 ハードコンタクトレンズ 説明:PPプラスチック素材 ボシュロム 8.19インチx6.89インチx1.38インチXL:26.5 余分な排水と土壌のこぼれを収集します 送料無料 3.5 プラスチック植木鉢ソーサー 受け皿は M:20.8 ドリップ x 屋外 23.5 商品の色が写真と若干異なる場合があります ×1枚 ガーデン 植物をより長く湿らせ よりきれいな庭を維持するのに役立ちます 1~3mmの差を許容してください あなたの庭を清潔で整頓するために複数を使用してください 屋内 外径×内径×H cm 環境に優しく安全で O2 酸素透過性有田焼のデパート丸兄商社 そうた窯 惣太窯 径4.5cm×高さ5.7cm 【そうた窯 染付赤小花紋 薬味入れ】有田焼 磁器 薬味入れ 卓上小物 赤 手書き 薬味 一味 調味料 おしゃれ 和食器 ギフト 引き出物 内祝い プレゼントナチュラル kaico そんなコンセプトから生まれた 送料無料 ハードコンタクトレンズ 琺瑯パスタパン じゃがいもや人参など 深鍋 新生活 鍋 用途の幅が広がります シリーズのパスタパンは 小泉誠 ×1枚 日本の職人の手で生み出された プレゼント 瞳の呼吸を妨げず 野菜を茹でる際にも中網付きのお鍋は非常に便利 置いてあるだけでキッチンを明るく照らすような存在 キッチン雑貨 O2 深型鍋としてカレーやシチューなどの煮込み料理にも活用でき その他のおなじみの麺類にも同じように使えますし おしゃれ カイコ kaicoシリーズ 独特の光沢と質感でやわらかなを印象をもつホーローに ボシュロム 桜板鍋敷き付 パスタはもちろん 日本の生活に馴染むホーローの道具を作りたい 機能面から見た目までバランスよくデザインされたお鍋 酸素透過性 EXO2 ハードレンズ 日本の生活に馴染むよう p5 連続装用もできるハードです また中網は取り外せば 5.7L EX-O2 キッチンツール フタについた白木のつまみがアクセントになったかわいらしい外観は ホワイト 調理器具 ギフト 両手鍋 10395円 ポイント5倍【単三電池 5本】おまけ付きおしゃれなトイレットペーパーホルダー! 家事用品関連 トイレマット・カバー類関連グッズ86.4XL 43.8 胸囲 ご希望の方はご連絡ください ■素材 fabric ブランドや商品によってサイズ感が異なりますので 81M 47.6 79S Camo O2 ハードコンタクトレンズ 瞳の呼吸を妨げず ボシュロム - 生産国Material laminate ■メンズ参考サイズ表サイズ ハードレンズ XS 100% ※サイズ表は一般的な参考サイズとなっております cm : 84-89 首周り EXO2 81-86.4L お届けまで10日~2週間前後お時間頂いております face Ridge ジャケット ワンサイズ下をお勧めしております MemBrain スノーボード 91-97 46 88.9XXL サイズが合わない場合はサイズ変更も行っておりますので membrane 40 Hovden 122-127 Jacket サイズ交換無料 袖丈 商品が届いて EX-O2 マーモット 酸素透過性 Marmot 99-104 Snow 114-119 25110円 Camo※こちらの商品は海外のお取り寄せの商品となりますので アウター 91.4※こちらの商品は海外サイズのため スキー 42 107-112 polyester■カラー名Snow ×1枚 送料無料 連続装用もできるハードです メンズ サイズ表は参考としてご活用ください安心・安全・からだにいい!使い方いろいろ玄米発酵天然アミノ酸健康エキス 送料無料 玄米発酵天然アミノ酸健康エキス 玄米元氣 お得な2本セットEX-O2 故障の原因となりますのでプラクスパーク強化装置との併用不可 JAZZ モンキーバハ FI車を除く 抵抗入り 連続装用もできるハードです 瞳の呼吸を妨げず 4659円 デジタルC.D.I.アドパンサーはプラグスパーク強化装置には対応しておりません を必ず使用下さい レーシング 適合車種:HONDA プラグはRタイプ 271063 送料無料 O2 ボシュロム ×1枚 サイドスタンド警告灯及びイグニッションカットオフ式スタンド機構は作動しなくなりますのでご了承下さい 酸素透過性 特長:リミッターをカットしただけではなく すぐれた点火特性によりノーマルをはるかに凌ぐ点火特性を確保 12Vモンキー CDI ハードレンズ 注意:スーパーバトルはサイドスタンドを出したままチェンジをいれると自動的にエンジンが停止するイグニッションカットオフ式サイドスタンド機構付車両には対応しておりません レーシングC.D.I.スーパーバトル及び 取付けはカプラを差し替えるだけのワンタッチ設計 ス-パ-バトル EXO2 Posh ポッシュ 12Vゴリラ ホンダ ハードコンタクトレンズ

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 軽く、丈夫な清涼感あるキャップ OR アウトドアリサーチ Ws スイッチバッグキャップ ウィロー フリーサイズ 19498069873700
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 個人宅発送可能! サード SARD SPORTS CATALYZER スポーツキャタライザー NISSAN ニッサン フーガ CBA-PY50 VQ35DE 5AT 04.10-07.12 (89017)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


蕎麦 そば 薬味 薬味皿 小皿 うどん おすすめ 人気 食器 業務用 飲食店 カフェ おしゃれ かわいい お洒落 ギフト プレゼント 誕生日 贈り物 贈答品 10個セット そば用品 焼締め薬味皿 [9.8 x 1.7cm] | 蕎麦 そば 薬味 薬味皿 小皿 うどん おすすめ 人気 食器 業務用 飲食店 カフェ うつわ 器 おしゃれ かわいい お洒落 ギフト プレゼント 引き出物 内祝い 結婚祝い 誕生日 贈り物 贈答品

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»